雷雲と谷とカマイタチ

例えば、地球を初めて見る宇宙人に「そよ風」のことを説明するとしたら、どうする?「姉ちゃん」の目立つ特徴とか、ううん、まず世界や日本の説明から始まる?

寒い木曜の夜に熱燗を

私の娘がマルモダンスにはまっている。
教えたわけではないけれど、3歳だけれど頑張って踊っている。
映像の中でマルモダンスの音が聞こえると、録画した映像を見ると主張して泣く。
保存したものを見せるとエンドレスでずーっと見ている。
父親としては、映像を見続けるよりも本を見たり、おもちゃで遊んだりしているほうが好ましいが、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う考えている。
大きくなったら絶対に離れていくものだから、今いっしょに遊んでおくのも私たちの為だ。

夢中で話す友人と気の抜けたコーラ
自分自身、肌が弱く、ファンデは少しも使用してはいけないし、乳液も使用できない物が多い。
そのことから、野菜やサプリの力に任せているが、近頃摂っているのが粉ゼラチンだ。
コーヒーに入れて、毎日飲んでいるけれど、少しだけ肌がつややかになった。
その上、実行してから効果が出るまで、即効性があったので、驚いた。

雲が多い土曜の夜明けは焼酎を

近頃は、海辺に釣りにおもむいていない。
日々の仕事でとても過密スケジュール出かけられないのもあるが、しかし、めちゃめちゃ暑くてきついから、釣りに行きにくいのもある。
加えて、会社終わりに近くの堤防を眺めてもたくさん釣れている様子が見えないから、どうしても行きたいとは寂しいが思えない。
非常に豊富に見えていたら行きたくなるのに。

気持ち良さそうに跳ねるあいつと公園の噴水
新聞の記事に、日本女性の眉に関して、興味深い記事が載っていた。
真相を知ると、次第に色気まで感じられるので不思議だ。
一見すると、奇抜すぎるように感じる場合もあるが、江戸の頃は結婚している女性の証でもあるという。
理由を知ると、急に色っぽくも感じてくるので不思議だ。

汗をたらして踊る友達と紅葉の山

今日の夕食は一家そろって外食なので、少年は下校の時、思わずスキップしてしまうほど嬉しかった。
何を食べようかな、と夜が待ち遠しくて、いろいろと思案していた。
ハンバーグやオムライス、春巻きやシュウマイ、なんてメニュー表には何が載っているのかと想像していた。
場所は近所のファミレスだ。
お父さんが運転している車はもうお店の駐車場に到着する。
お母さんは助手席からお父さんに話しかけている。
お姉ちゃんは少年の隣で、週刊誌をパラパラめくっている。
少年は車から降りると駆け出して、喜び勇んで入り口の扉を開けて皆が来るのを待った。

控え目に走る母さんとあられ雲
仕事の関係で、日光へ向かうことがたくさんあった。
北関東地方に位置する日光市は栃木県にあって、海なし県で、たくさんの山に囲まれている。
もちろん、冬になると雪景色になり、除雪車やチェーンが必須になる。
紅葉の時期になると、と東北道を使い、2泊3日で、行って帰って、また2泊3日というパーターンがとても多く、テレビなどのメディアで日光が登場すると懐かしくなる。
日光を見ずして結構というなかれという面白い言葉がある位なので、一度は行ってほしい市だ。
ちょっとだけ話をさせてもらうと、ツーリストたちのメインは東照宮。
江戸を整備した徳川家康の眠っている所で、独特な様子に驚くことだろう。
もう一つ、奥日光と言われるところにある日光湯元。
硫黄泉らしく、白く、熱めの温泉。
この温泉に来ると冷えにも良いだろうと思う。
日光東照宮建立当時、こちらの温泉街を目指して多くの湯治客が集まったそうだ。
その様子が思い浮かべられる歴史のあるここ栃木県の日光市。
小さな民宿の紹介も兼ねて、雑誌などに多く記載されている日光市に、行こうと思っている。

自信を持って自転車をこぐ彼と壊れた自動販売機

知佳子はAさんの事が大好きなのだろう。
Aさんも知佳子を大事にしている。
Aさんが出張に行くときは、知佳子も必ず一緒だし、つい最近は私も一泊だけ同行させてもらった。
Aさんも知佳子も私を同じ呼び方で呼ぶし、何か意見を求める時は、二人して、私に聞いてくれる。
なぜか可愛がってくれているような感じがしてかなり空気が良いと思った。

薄暗い大安の夜にカクテルを
随分久しぶりの外での仕事の時、初めて仕事でお世話になったAさんという年配の方は、体格のいい男性だ。
初めて会った時以降厳しそうで、仕事以外での会話は少しもしたことがなかった。
この前、ふとAさんの半袖になった大柄な腕を拝見して衝撃を受けた!
一つ一つが大きなパワーストーンブレスが10個以上つけられていたから。
思わず、天然石大好きなんですね!と言ってしまったくらい。
するとAさんは得意げで、しかも可愛い顔で、種類別の石の名前語ってくれた。

凍えそうな火曜の明け方にゆっくりと

20歳のころよりNHKを見ることがめっちゃ多くなった。
昔は、父親や祖母が視聴していたら、NHK以外の映像が見たいのにと考えていたが、このごろは、NHKも視聴する。
楽しい番組がものすごく少ないと思っていたのだけども、最近は、楽しいもの番組もふえた。
それとともに、バラエティ以外の内容のものも好んで見るようになった。
そして、攻撃的でないものや娘に悪い影響がものすごく少ないものがNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
民放では、アンパンマンでさえものすごく暴力的だと思える。
毎回ぼこぼこにして解決だから、私の子供も私を殴るようになってしまった。

どんよりした木曜の朝はこっそりと
観覧するためにめっちゃいっぱい歩き進まなくてはならない動物園は、盆近くはたいそう暑くて厳しい。
友人夫婦と子供と自分と妻と子供といっしょに見に出向いたが、ものすごく暑すぎて厳しかった。
ものすごく蒸し暑いので、シロクマもトラも他の動物もたいてい動いていないし、奥の日陰に隠れていたりで、非常に観察出来なかった。
次回は、水族館などが夏はよさそうだ。
娘が大きくなったら季節限定の夜の動物園や水族館もたまらなさそうだ。

Copyright (c) 2015 雷雲と谷とカマイタチ All rights reserved.

サイトカテゴリ